• ののみん

第1回ヴィ―プインタビュー 体の不調をヴィープセラピーで解決したワケ




今回ヴィープセラピーが4回目となるA・Sさん!

「どうして受けようと思ったの?」「ヴィープセラピーってどんなことするの?」

「ヴィープセラピーの効果って?」などなど、インタビューを受けてくださいました☆




<ヴィープセラピーにたどり着いたきっかけ>


―なぜ、受けようと思いましたか。


「どうやってたどり着いたのは、今となっては覚えていないんだけど、

ツイッターで、ヴィープセラピーのモニター募集を見て応募しました。

筋肉の方は、ジムで筋トレをやっているけれど、ずっと下半身に悩みがあった」


―下半身に悩みですか。


「うん。最近、勃起力が弱くなってきたし。年齢的なものかとは思うんですけれど。

どこまで抵抗できるのかなと」


―抵抗ですね。ちゃんとケアしたいということですね。


「はい、筋トレ始めたのも老後の筋肉を残してきましょうという理由で始めたので」


―すごいですね!だいたいみんな何もやらない方が多いですよね。健康志向ですね。


「健康志向じゃないんだけどね。最近、筋力が落ちているのも痛感してるんで。

このまま年取ったらだめだよねって。それとおんなじですね。

下半身の方もこのままじゃまずいと。

年取ってからだと、どういう使い道があるのか分からないですけど(笑)」


―元気で自分で行きたい所に行けるのが良いですよね。


「そうそう!若い時の状態をなるべく維持したいというのがあったんで」


―筋トレというと、ジムに行かれているんですか。


「そう。毎週行っている。で、今日も行ってきた。

午前中にジムに行って、午後こっちに来て施術を受けるっていう」


―筋トレというと、具体的にどんなことをされてますか。


「ウエイトトレーニングみたいに持ち上げたり」


―それを継続されているのがすごいです。まあいいやでやめる方が多い中。


「お金かけているからやめられないのよ(笑)パーソナルトレーナーさんがついているから」


―継続できますよね。誰かに見られていると。


「まとめて8回分のチケットを買うので。行かざる得ない(笑)」




<ヴィープセラピーの効果~体と心の変化~>



―ヴィープセラピーで、初めて触られた時は、どうでしたか。


「うーんとね、血管触ると固い血管がイメージ」


―筋がある感じ?


「そうそうそう。固い筋があるような感じ」


―痛くなかったですか。


「痛いことは痛い。場所によって違和感はあった。特に最初は」


―そうなんですね。気持ち的なことで何を変わったことはありますか。


「精神的に?」


―そうです。


「まだそこまでは到達していない。回数的には。

だけど、体には変化が出てきている」


―どんな変化ですか?


「えぇ~っと、最近は朝立ちが1週間は続くかな」


―そうなんですね。体が軽くなったとかありますか。


「腰周りは軽くなったかな。

あと、お肌がすべすべになったかな。触るとツルっとする」


―顔の血行がいいですね。


「(受けてすぐだから)今たぶん一番血行が良いよね」


―ホルモンバランスが整うとお肌もツルっと綺麗になってきますもんね。他には何かありますか?やる気が出たとか。


「うーん。ストレスの元が仕事だから、それがなくならないとストレスはなくならないかなと思ってるんだけど、目覚めは良くなった。睡眠時間は短いんだけど、スッッキリ目覚められるようになってきてるね」






<インナーマッスルにアプローチ!>



―ヴィープセラピーは、お腹を中心に押していくので、内側からのケアですね。

お腹揉んでいるのに、腰が楽になったりと、

痛い所を揉んでいないのに、痛みが取れて楽になる!


「そうそう」


―そんなところ揉んで別の場所が楽になるんだっていう感じかもしれない。


「筋肉をほぐすより、外からの直接的なアプローチは筋トレで充分だけど、

内側は、自分じゃできない」


―内臓とか生殖器とか。2週間に1回だと2週目の後半には

効果を感じられないっていうことで、今後、毎週受けに頂いても良いんですが、

そうすると、時間も経済的にも大変です。

例えば6回プログラムを作って、そのうち1回はセルフケアを入れて覚えてもらって、来ない時はセルフケアを家で2回位やってもらう。で改善していくっていう方向で、

1ヶ月に1回は来るけれど、2週間に1回はセルフケアをしてもらうと、

次の1ヶ月まで良い状態を保てるんですね。


「うん。改善はしなくて良いから、現状維持できていればいいかなと」



<セルフケアケア>



―セルフケアも覚えたいですよね。


「せっかくなら。良くなっているから。

自分でやると手加減するから。手加減しても良い位の簡単なやつにしてください(笑)」


―おへその周りを押すって感じなので、そんなに難しくないです。

ただセルフヴィープは女性向けだから、子宮を持ち上げるポーズは、

やってもやらなくても良いですね。

男性は子宮がないので、内臓を持ち上げる感じになりますね。


「内臓を持ち上げなきゃいけないんで(笑)内臓脂肪を減らさないといけないと」


―ヴィープ受けつつ、有酸素運動をしてもらうと、脂肪が柔らかくなって、お腹の中も温まってきます。


「うん。皮下脂肪も柔らかくなっている気がする」



ー柔らかくなって何もしないじゃ脂肪は消費しませんが(笑)、ヴィープ受けた後は脂肪が流れやすくなってるので、水を飲んでから有酸素運動を!内臓脂肪には有酸素運動がおススメです。30分程度歩いて頂くのがいいですね。駅から遠まわりして帰るとか。

そして食事量にも気を付けて。腹八分目目安にしましょうね。


<マッサージを受ける人の本音!?>


―お金払って、人に体を揉んでもらって、楽になりたいと思うのだから、

こういう人に揉まれたくない。痛いだけで終わりましたっていうのは嫌ですよね。


「うん。初対面の見ず知らずの人に、あちこち触られて、

痛いだけで終わるっていうのはすごい嫌だ。やらない方が良かった、って後悔する。だったら、効果がでるヴィープセラピーを受けた方が良い(笑)」


ーなるほど。これは嬉しいお言葉ですね。ありがとうございます。これからも、良い変化を感じて頂けるように精一杯努めさせて頂きますね。






最新記事

すべて表示

30代女性

30代女性のお客様転倒事故により頸椎損傷。左半身の痺れ、痛み感覚障害が残ってしまった方です。 初回ハーブサウナ時汗等は余り出ませんでした。 ヴィーブセラピー後足取りが軽くなったとご帰宅。同日入浴中体を擦られている感覚があったと、嬉しくて涙が出ました。とご報告を頂き嬉しい限りです。その後定期的にハーブサウナ、ヴィーブセラピーと続けて2回目以降ハーブサウナも汗ダラダラになり、お顔も明るくなって、生理痛

© JVTA 日本ヴィーブセラピー協会
当サイトに掲載されているイラスト及び写真、文章等の無断転載を禁じます。